Bluetooth Mesh 仕様 – Foundation models(その2)

仕様
  1. はじめに
    1. 4.3 メッセージの定義
      1. 4.3.1 補足パラメータ要件
        1. 4.3.1.1 キーのインデックス
        2. 4.3.1.2 要素アドレス
        3. 4.3.1.3 モデル識別子
        4. 4.3.1.4 可変長パラメータ
        5. 4.3.1.5 オプションのパラメータ
      2. 4.3.2 Configuration messages
        1. 4.3.2.1 Config Beacon Get
        2. 4.3.2.2 Config Beacon Set
        3. 4.3.2.3 Config Beacon Status
        4. 4.3.2.4 Config Composition Data Get
        5. 4.3.2.5 Config Composition Data Status
        6. 4.3.2.6 Config Default TTL Get
        7. 4.3.2.7 Config Default TTL Set
        8. 4.3.2.8 Config Default TTL Status
        9. 4.3.2.9 Config GATT Proxy Get
        10. 4.3.2.10 Config GATT Proxy Set
        11. 4.3.2.11 Config GATT Proxy Status
        12. 4.3.2.12 Config Relay Get
        13. 4.3.2.13 Config Relay Set
        14. 4.3.2.14 Config Relay Status
        15. 4.3.2.15 Config Model Publication Get
        16. 4.3.2.16 Config Model Publication Set
        17. 4.3.2.17 Config Model Publication Virtual Address Set
        18. 4.3.2.18 Config Model Publication Status
        19. 4.3.2.19 Config Model Subscription Add
        20. 4.3.2.20 Config Model Subscription Virtual Address Add
        21. 4.3.2.21 Config Model Subscription Delete
        22. 4.3.2.22 Config Model Subscription Virtual Address Delete
        23. 4.3.2.23 Config Model Subscription Overwrite
        24. 4.3.2.24 Config Model Subscription Virtual Address Overwrite
        25. 4.3.2.25 Config Model Subscription Delete All
        26. 4.3.2.26 Config Model Subscription Status
        27. 4.3.2.27 Config SIG Model Subscription Get
        28. 4.3.2.28 Config SIG Model Subscription List
        29. 4.3.2.29 Config Vendor Model Subscription Get
        30. 4.3.2.30 Config Vendor Model Subscription List
        31. 4.3.2.31 Config NetKey Add
        32. 4.3.2.32 Config NetKey Update
        33. 4.3.2.33 Config NetKey Delete
        34. 4.3.2.34 Config NetKey Status
        35. 4.3.2.35 Config NetKey Get
        36. 4.3.2.36 Config NetKey List
        37. 4.3.2.37 Config AppKey Add
        38. 4.3.2.38 Config AppKey Update
        39. 4.3.2.39 Config AppKey Delete
        40. 4.3.2.40 Config AppKey Status
        41. 4.3.2.41 Config AppKey Get
        42. 4.3.2.42 Config AppKey List
        43. 4.3.2.43 Config Node Identity Get
        44. 4.3.2.44 Config Node Identity Set
        45. 4.3.2.45 Config Node Identity Status
        46. 4.3.2.46 Config Model App Bind
        47. 4.3.2.47 Config Model App Unbind
        48. 4.3.2.48 Config Model App Status
        49. 4.3.2.49 Config SIG Model App Get
        50. 4.3.2.50 Config SIG Model App List
        51. 4.3.2.51 Config Vendor Model App Get
        52. 4.3.2.52 Config Vendor Model App List
        53. 4.3.2.53 Config Node Reset
        54. 4.3.2.54 Config Node Reset Status
      3. 4.3.2.55 Config Friend Get
        1. 4.3.2.56 Config Friend Set
        2. 4.3.2.57 Config Friend Status
        3. 4.3.2.58 Config Key Refresh Phase Get
        4. 4.3.2.59 Config Key Refresh Phase Set
        5. 4.3.2.60 Config Key Refresh Phase Status
        6. 4.3.2.61 Config Heartbeat Publication Get
        7. 4.3.2.62 Config Heartbeat Publication Set
        8. 4.3.2.63 Config Heartbeat Publication Status
        9. 4.3.2.64 Config Heartbeat Subscription Get
        10. 4.3.2.65 Config Heartbeat Subscription Set
        11. 4.3.2.66 Config Heartbeat Subscription Status
        12. 4.3.2.67 Config Low Power Node PollTimeout Get
        13. 4.3.2.68 Config Low Power Node PollTimeout Status
        14. 4.3.2.69 Config Network Transmit Get
        15. 4.3.2.71 Config Network Transmit Status
      4. 4.3.3 Health messages
        1. 4.3.3.1 Health Current Status
        2. 4.3.3.2 Health Fault Get
        3. 4.3.3.3 Health Fault Clear Unacknowledged
        4. 4.3.3.4 Health Fault Clear
        5. 4.3.3.5 Health Fault Test
        6. 4.3.3.6 Health Fault Test Unacknowledged
        7. 4.3.3.7 Health Fault Status
        8. 4.3.3.8 Health Period Get
        9. 4.3.3.9 Health Period Set Unacknowledged
        10. 4.3.3.10 Health Period Set
        11. 4.3.3.11 Health Period Status
        12. 4.3.3.12 Health Attention Get
        13. 4.3.3.13 Health Attention Set
        14. 4.3.3.14 Health Attention Set Unacknowledged
        15. 4.3.3.15 Health Attention Status
      5. 4.3.4 Messages summary
        1. 4.3.4.1 Alphabetical summary of opcodes
        2. 4.3.4.2 Numerical summary of opcodes
      6. 4.3.5 Summary of status codes

はじめに

Bluetooth Meshの仕様について、Bluetooth SIGで公開されている「Mesh Profile Specification 1.0.1」に基づき、学習を兼ねて記載して行こうと思っています。本文章では、4章の「ファンデーションモデル」の次の節について記載いたします。

  • 4.3 メッセージの定義

記載内容に誤り等がありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

4.3 メッセージの定義

このセクションでは、この仕様全体で使用されるメッセージを定義します。 セクション3.7.3 で定義されているように、各メッセージにはオペコードと 0 個以上のパラメータがあります。 メッセージは、未確認または確認済みとしても定義されます。 確認済みメッセージには、実行を確認するために使用される応答が定義されています。

この仕様の一部として必要とされないメッセージ定義は、メッシュモデル仕様[11] で定義されており、メッシュメッセージ定義と同じ形式とアーキテクチャに従います。

4.3.1 補足パラメータ要件

このセクションには、いくつかのパラメーターの処理に関する補足要件が含まれています。 これらの要件に適合しないパラメータ値は、将来の使用のために予約されていると見なされます。

4.3.1.1 キーのインデックス

NetKeysとAppKeysはどちらも16オクテットの長さであるため、単一セグメントのメッセージには収まりません。一般的なセグメンテーションおよび再アセンブリメカニズムは、新しいキーをノードに転送するために使用されます。

構成クライアントは、NetKeysとAppKeysの2つのインデックス付きグローバルリスト(NetKeyリストとAppKeyリスト)を維持します。各キーには、適切なリストに一意のグローバルインデックスがあり、このインデックスは、モジュール内のそのキーを識別するために使用されます。

グローバルキーインデックスは12ビット長です。一部のメッセージには、1つ、2つ、または複数のキーインデックスが含まれています。効率的なパッキングを可能にするために、2つのキーインデックスが3つのオクテットにパックされます。奇数のキーインデックスをパックする必要がある場合、最後のキーインデックスを除くすべてが3オクテットのシーケンスにパックされ(図4.3を参照)、最後のキーインデックスは2オクテットにパックされます(図4.4を参照)。偶数のキーインデックスをパックする必要がある場合、それらはすべて3オクテットのシーケンスにパックされます。

2つのキーインデックスを3つのオクテットにパックするには、最初のキーインデックス値の8 LSbを最初のオクテットにパックし、残りの4つのMSbを2番目のオクテットの4つのLSbに配置します。 2番目の12ビットキーインデックスの最初の4LSbは、2番目のオクテットの4つのMSbにパックされ、残りの8つのMSbは3番目のオクテットにパックされます。

図4.3:2つの12ビットキーインデックスの3つのオクテットへのパッキング

1つのキーインデックスを2つのオクテットにパックするには、最初のキーインデックス値の8 LSbを最初のオクテットにパックし、残りの4 MSbを2番目のオクテットの4LSbsに配置し、2番目のオクテットの4 MSbを0に設定します。

図4.4:1つの12ビットキーインデックスの2つのオクテットへのエンコード
4.3.1.2 要素アドレス

メッセージには、要素アドレス、グループアドレス、仮想アドレスなどのネットワークアドレスを運ぶフィールドが含まれる場合があります。 このようなフィールドは、アクセスレイヤーやその他の上位レイヤーで使用できますが、ネットワークレイヤー、下位トランスポートレイヤー、上位トランスポートレイヤーでは使用できません。

4.3.1.3 モデル識別子

メッセージには、モデルIDを運ぶフィールドが含まれる場合があります。このようなフィールドは、SIGモデルID(16ビット)またはベンダーモデルID(32ビット)のいずれかに対応するために、2オクテットサイズまたは4オ​​クテットサイズを持つことができます。

4.3.1.4 可変長パラメータ

可変長フィールドを使用する場合、それはメッセージの最後のフィールドであり、フィールドのサイズは、下位レイヤーによって提供されるメッセージ長情報に基づいて決定されます。連続するオプションフィールドまたは可変長パラメータのシーケンスは1つだけです。

4.3.1.5 オプションのパラメータ

オプションのフィールドを使用する場合、それらはメッセージの最後のフィールドであり、フィールドの存在は、下位層によって提供されるメッセージ長情報に基づいて決定されます。連続するオプションフィールドまたは可変長パラメータのシーケンスは1つだけです。

4.3.2 Configuration messages

Configuration messagesは、ノードのネットワーク関連の動作を決定する状態を制御したり、ネットワークキーとアプリケーションキーを操作したり、高度なセキュリティを必要とするその他の操作を実行したりするために使用されます。すべてのConfiguration messageは、DevKeyを使用して暗号化および認証される必要があります。DevKeysはノードごとに一意であるため、Configuration messageはユニキャストアドレスにのみ送信されます。

4.3.2.1 Config Beacon Get

Config Beacon Getは、ノードの現在のセキュアネットワークビーコンの状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.10を参照)。

Config Beacon Getメッセージへの応答は、Config Beacon Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.2 Config Beacon Set

Config Beacon Setは、ノードのSecure Network Beacon状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.10を参照)。

Config Beacon Setメッセージへの応答は、Config Beacon Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Beacon1新しいセキュアネットワークビーコンの状態
表4.33:Config Beacon Setメッセージパラメータ

Beaconフィールドは、ノードの新しいセキュアネットワークビーコンの状態を提供します(セクション4.2.10を参照)。

4.3.2.3 Config Beacon Status

Config Beacon Statusは、ノードの現在のセキュアネットワークビーコンの状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.10を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Beacon1セキュアネットワークビーコンの状態
表4.34:Config Beacon Statusメッセージパラメータ

Beaconフィールドは、ノードの現在のセキュアネットワークビーコンの状態を提供します(セクション4.2.10を参照)。

4.3.2.4 Config Composition Data Get

Config Composition Data Getは、構成データの1ページを読み取るために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.1を参照)。

Config Composition Data Getメッセージへの応答は、Config Composition Data Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Page1組成データのページ番号
表4.35:Config Composition Data Getメッセージパラメータ

ページフィールドは、読み取られている組成データページ番号を識別します。

4.3.2.5 Config Composition Data Status

Config Composition Data Statusは、組成データの1ページを報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.1を参照)。

このメッセージは、単一のオクテットオペコードを使用してペイロードのサイズを最大化します。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Page1組成データのページ番号
Data可変識別されたページの組成データ
表4.36:Config Composition Data Statusメッセージパラメータ

Pageフィールドは、組成データのページ番号を識別します。

Dataフィールドには、組成データの識別された単一ページが含まれている必要があります。

4.3.2.6 Config Default TTL Get

Config Default TTL Getは、ノードの現在のデフォルトTTL状態を取得するために使用される確認済みメッセージです。

Config Default TTL Getメッセージへの応答は、Config Default TTL Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.7 Config Default TTL Set

Config Default TTL Setは、ノードのデフォルトTTL状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.7を参照)。

Config Default TTL Setメッセージへの応答は、Config Default TTL Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
TTL1新しいデフォルトのTTL値
表4.37:Config Default TTL Setメッセージパラメータ

TTLフィールドは、ノードの新しいデフォルトTTLを識別します(セクション4.2.7を参照)。

4.3.2.8 Config Default TTL Status

Config Default TTL Statusは、ノードの現在のデフォルトTTL状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.7を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
TTL1デフォルトTTL
表4.38:Config Default TTL Statusメッセージパラメータ

TTLフィールドは、デフォルトTTLで定義されているようにノードのデフォルトTTLを識別します(セクション4.2.7を参照)。

4.3.2.9 Config GATT Proxy Get

Config GATT Proxy Getは、ノードの現在のGATTプロキシ状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.11を参照)。

Config GATT Proxy Getメッセージへの応答は、Config GATT Proxy Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.10 Config GATT Proxy Set

Config GATT Proxy Setは、ノードのGATTプロキシ状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.11を参照)。

Config GATT Proxy Setメッセージへの応答は、Config GATT Proxy Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
GATTProxy1新しいGATTプロキシの状態
表4.39:Config GATT Proxy Setメッセージパラメータの設定

GATTProxyフィールドは、ノードの新しいGATTプロキシ状態を提供します(セクション4.2.11を参照)。

4.3.2.11 Config GATT Proxy Status

Config GATT Proxy Statusは、ノードの現在のGATTプロキシ状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.11を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
GATTProxy1GATTプロキシの状態
表4.40:Config GATT Proxy Statusメッセージパラメータ

GATTProxyフィールドは、ノードの現在のGATTプロキシ状態を提供します(セクション4.2.11を参照)。

4.3.2.12 Config Relay Get

Config Relay Getは、ノードの現在のリレー(セクション4.2.8を参照)およびリレー再送信(セクション4.2.20を参照)状態を取得するために使用される確認済みメッセージです。

Config Relay Getメッセージへの応答は、Config Relay Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.13 Config Relay Set

Config Relay Setは、ノードのリレー(セクション4.2.8を参照)およびリレー再送信(セクション4.2.20を参照)状態を設定するために使用される確認済みメッセージです。

Config Relay Setメッセージへの応答は、Config Relay Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Relay8リレー
RelayRetransmitCount3ノードによって中継された各ネットワークPDUの
アドバタイズベアラでの再送信の数
RelayRetransmitIntervalSteps5再送信間の10ミリ秒のステップ数
表4.41:Config Relay Setメッセージパラメータ

Relayフィールドは、セクション4.2.8で定義されているように、ノードの新しいリレー状態を識別します。

RelayRetransmitCountフィールドには、ノードのリレー再送信カウント状態の新しい値が含まれます(セクション4.2.20.1を参照)。

RelayRetransmitIntervalStepsフィールドには、ノードのリレー再送信間隔ステップ状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.20.2を参照)。

4.3.2.14 Config Relay Status

Config Relay Statusは、ノードの現在のリレー(セクション4.2.8を参照)およびリレー再送信(セクション4.2.20を参照)状態を報告するために使用される未確認メッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Relay8リレー
RelayRetransmitCount3ノードによって中継された各ネットワークPDUの
アドバタイズベアラでの再送信の数
RelayRetransmitIntervalSteps5再送信間の10ミリ秒のステップ数
表4.42:Config Relay Statusメッセージパラメータ

Relayフィールドは、セクション4.2.8で定義されているように、ノードの現在のリレー状態を識別します。
RelayRetransmitIntervalStepsフィールドには、ノードのリレー再送信間隔ステップ状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.20.2を参照)。
RelayRetransmitCountフィールドには、ノードのリレー再送信カウント状態の新しい値が含まれます(セクション4.2.20.1を参照)。

4.3.2.15 Config Model Publication Get

Config Model Publication Getは、モデルから発信された送信メッセージの公開アドレスとパラメーターを取得するために使用される確認済みメッセージです。

Config Model Publication Getメッセージへの応答は、Config Model Publication Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.43:Config Model Publication Getパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.16 Config Model Publication Set

Config Model Publication Setは、モデルから発信された発信メッセージのModel Publication状態(セクション4.2.2を参照)を設定するために使用される確認済みメッセージです。

Config Model Publication Setメッセージへの応答は、Config Model Publication Statusメッセージです。

Config Model Publication Setメッセージは、単一のオクテットオペコードを使用してペイロードのサイズを最大化します。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress16要素のアドレス
PublishAddress16公開アドレスの値
AppKeyIndex12アプリケーションキーのインデックス
CredentialFlag1フレンドシップ資格情報フラグの値
RFU3将来の使用のために予約済み
PublishTTL8送信メッセージのデフォルトのTTL値
PublishPeriod8定期的なステータス公開の期間
PublishRetransmitCount3公開された各メッセージの再送信の数
PublishRetransmitIntervalSteps5再送信間の50ミリ秒のステップ数
ModelIdentifier16 or 32SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.44:Config Model Publication Setパラメータ
図4.5:Config Model Publication Setのフォーマット

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

PublishAddressフィールドには、モデルの新しいPublish Address状態(セクション4.2.2.1を参照)が含まれている必要があります。PublishAddressフィールドの値は仮想アドレスであってはなりません。

AppKeyIndexフィールドには、新しいPublish AppKey Index状態が含まれます(セクション4.2.2.3を参照)。

CredentialFlagフィールドには、新しいPublish Friendship Credentials Flag状態が含まれます(セクション4.2.2.4を参照)。

PublishTTLフィールドには、新しいPublish TTL状態が含まれます(セクション4.2.2.5を参照)。

PublishPeriodフィールドには、発行期間状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.2を参照)。

PublishRetransmitCountフィールドには、要素のPublish Retransmit Count状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.6を参照)。

PublishRetransmitIntervalStepsフィールドには、要素のPublish Retransmit Interval Steps状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.7を参照)。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.17 Config Model Publication Virtual Address Set

Config Model Publication Virtual Address Setは、モデルから発信された発信メッセージのモデル公開状態(セクション4.2.2を参照)を設定するために使用される確認済みメッセージです。

Config Model Publication Virtual Address Setメッセージへの応答は、Config Model Publication Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress16要素のアドレス
PublishAddress128ラベルUUID公開アドレスの値
AppKeyIndex12アプリケーションキーのインデックス
CredentialFlag1フレンドシップ資格情報フラグの値
RFU3将来の使用のために予約済み
PublishTTL8送信メッセージのデフォルトのTTL値
PublishPeriod8定期的なステータス公開の期間
PublishRetransmitCount3公開された各メッセージの再送信の数
PublishRetransmitIntervalSteps5再送信間の50ミリ秒のステップ数
ModelIdentifier16 or 32SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.45:Config Model Publication Virtual Address Setメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

PublishAddressフィールドには、モデルの新しい公開アドレス状態(セクション4.2.2.1を参照)として使用される仮想アドレスが含まれている必要があります。

AppKeyIndexフィールドには、新しいPublish AppKey Index状態が含まれます(セクション4.2.2.3を参照)。

CredentialFlagフィールドには、新しいPublish Friendship Credentials Flag状態が含まれます(セクション4.2.2.4を参照)。

PublishTTLフィールドには、新しいPublish TTL状態が含まれます(セクション4.2.2.5を参照)。

PublishPeriodフィールドには、発行期間状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.2を参照)。

PublishRetransmitCountフィールドには、要素のPublish Retransmit Count状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.6を参照)。

PublishRetransmitIntervalStepsフィールドには、要素のPublish Retransmit Interval Steps状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.7を参照)。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.18 Config Model Publication Status

Config Model Publication Statusは、モデルによって公開された発信メッセージのモデル公開状態(セクション4.2.2を参照)を報告するために使用される未確認メッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status8要求メッセージのステータスコード
ElementAddress16要素のアドレス
PublishAddress128公開アドレスの値
AppKeyIndex12アプリケーションキーのインデックス
CredentialFlag1フレンドシップ資格情報フラグの値
RFU3将来の使用のために予約済み
PublishTTL8送信メッセージのデフォルトのTTL値
PublishPeriod8定期的なステータス公開の期間
PublishRetransmitCount3公開された各メッセージの再送信の数
PublishRetransmitIntervalSteps5再送信間の50ミリ秒のステップ数
ModelIdentifier16 or 32SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.46:Config Model Publication Statusメッセージパラメータ

ステータスフィールドは、Config Model Publicationパラメータの最後の操作のステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

ElementAddressフィールドには、要素のユニキャストアドレスが含まれている必要があり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

PublishAddressフィールドには、モデルの現在の公開アドレスが含まれます。

ラベルUUIDを使用する場合、ステータスメッセージは、セクション3.4.2.3で定義されている仮想アドレスとしてこの値を提供するものとします。

AppKeyIndexは、AppKeyのグローバルAppKeyインデックスです。

CredentialFlagフィールドには、現在の値Publish Friendship Credentials Flag状態が含まれます(セクション4.2.2.4を参照)。

PublishTTLフィールドには、要素内のモデルによって公開された送信メッセージのPublish TTL状態の現在の値(セクション4.2.2.5を参照)が含まれている必要があります。

PublishPeriodフィールドには、要素内のモデルによって公開された送信メッセージの公開期間状態(セクション4.2.2.2を参照)の現在の値が含まれている必要があります。

PublishRetransmitCountフィールドには、要素のPublish Retransmit Count状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.6を参照)。

PublishRetransmitIntervalStepsフィールドには、要素のPublish Retransmit Interval Steps状態の新しい値が含まれている必要があります(セクション4.2.2.7を参照)。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.19 Config Model Subscription Add

Config Model Subscription Addは、モデルのサブスクリプションリストにアドレスを追加するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

Config Model Subscription Addメッセージへの応答は、Config Model Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
Address2アドレスの値
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.47:Config Model Subscription Addメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

アドレスフィールドには、サブスクリプションリストに追加される新しいアドレスが含まれている必要があります。アドレスフィールドの値は、割り当てられていないアドレス、ユニキャストアドレス、全ノードアドレス、または仮想アドレスであってはなりません。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.20 Config Model Subscription Virtual Address Add

Config Model Subscription Virtual Address Addは、モデルのサブスクリプションリストにアドレスを追加するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

Config Model Subscription Virtual Address Addメッセージへの応答は、Config Model Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
Label16ラベルUUIDの値
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.48:Config Model Subscription Virtual Address Addメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

Labelフィールドには、サブスクリプションリストに追加されるラベルUUIDが含まれている必要があります。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.21 Config Model Subscription Delete

Config Model Subscription Deleteは、モデルのサブスクリプションリストからサブスクリプションアドレスを削除するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

Config Model Subscription Deleteメッセージへの応答は、Config Model Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
Address2アドレスの値
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.49:Config Model Subscription Deleteメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

Addressフィールドは、サブスクリプションリストから削除するアドレスを識別します。

Addressフィールドの値は、割り当てられていないアドレス、ユニキャストアドレス、全ノードアドレス、または仮想アドレスであってはなりません。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.22 Config Model Subscription Virtual Address Delete

Config Model Subscription Virtual Address Deleteは、モデルのサブスクリプションリストからサブスクリプションアドレスを削除するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

構成モデルサブスクリプション仮想アドレス削除メッセージへの応答は、Config Model Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
Address16ラベルUUIDの値
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.50:Config Model Subscription Virtual Address Deleteメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

アドレスフィールドには、サブスクリプションリストから削除するアドレスを識別するために使用されるラベルUUIDが含まれている必要があります。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.23 Config Model Subscription Overwrite

Config Model Subscription Overwriteは、サブスクリプションリストを破棄し、モデルのクリアされたサブスクリプションリストにアドレスを追加するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

Config Model Subscription Overwriteメッセージへの応答は、Config Model Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
Address2アドレスの値
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.51:Config Model Subscription Overwriteメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

Addressフィールドには、サブスクリプションリストに追加される新しいアドレスが含まれている必要があります。

Addressフィールドの値は、割り当てられていないアドレス、ユニキャストアドレス、全ノードアドレス、または仮想アドレスであってはなりません。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.24 Config Model Subscription Virtual Address Overwrite

Config Model Subscription Virtual Address Overwriteは、サブスクリプションリストを破棄し、モデルのクリアされたサブスクリプションリストにアドレスを追加するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

Config Model Subscription Virtual Address Overwriteメッセージへの応答は、Config Model Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
Address16ラベルUUIDの値
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.52:Config Model Subscription Virtual Address Overwriteメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

Addressフィールドには、サブスクリプションリストに追加される新しいアドレスとして使用されるラベルUUIDが含まれている必要があります。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.25 Config Model Subscription Delete All

Config Model Subscription Delete Allは、モデルのサブスクリプションリストを破棄するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

Config Model Subscription Delete Allメッセージへの応答は、Config Model Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.53:Config Model Subscription Delete Allメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDです。

4.3.2.26 Config Model Subscription Status

Config Model Subscription Statusは、サブスクリプションリストの操作のステータスを報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.3を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
ElementAddress2要素のアドレス
Address2アドレスの値
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.54:Config Model Subscription Statusメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、サブスクリプションリストの最後の操作のステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

Addressフィールドの値には、サブスクリプションリストの変更に使用されたアドレスまたは割り当てられていないアドレスが含まれます。ラベルUUIDを参照するときは、仮想アドレスを使用する必要があります。Addressフィールドの値は、ユニキャストアドレスまたは全ノードアドレスであってはなりません。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDです。

4.3.2.27 Config SIG Model Subscription Get

Config SIG Model Subscription Getは、要素内のモデルのサブスクリプションアドレスのリストを取得するために使用される確認済みメッセージです。このメッセージはSIGモデル専用です。

Config SIG Model Subscription Getメッセージへの応答は、Config SIG Model Subscription Listメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.55:Config SIG Model Subscription Getメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDです。

4.3.2.28 Config SIG Model Subscription List

Config SIG Model Subscription Listは、モデルのサブスクリプションリストからすべてのアドレスを報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.3を参照)。このメッセージはSIGモデル専用です。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
Addresses可変長サブスクリプションリストの
すべてのアドレスのブロック
表4.56:Config SIG Model Subscription Listメッセージパラメータ

SStatusスフィールドは、サブスクリプションリストの最後の操作のステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDです。

Addressフィールドは、要素のサブスクリプションリストからすべてのアドレスを識別します。ラベルUUIDを使用する場合、Statusメッセージは、セクション3.4.2.3で定義されている仮想アドレスの値を提供するものとします。空のサブスクリプションリストは、長さがゼロのアドレスフィールドになります。

4.3.2.29 Config Vendor Model Subscription Get

Config Vendor Model Subscription Getは、要素内のモデルのサブスクリプションアドレスのリストを取得するために使用される確認済みメッセージです。このメッセージはベンダーモデル専用です。

Config Vendor Model Subscription Getメッセージへの応答は、Config Vendor Model Subscription Listメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.57:Config Vendor Model Subscription Getメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するベンダーモデルIDです。

4.3.2.30 Config Vendor Model Subscription List

Config Vendor Model Subscription Listは、モデルのサブスクリプションリストからすべてのアドレスを報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.3を参照)。このメッセージはベンダーモデル専用です。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
Addresses可変長サブスクリプションリストの
すべてのアドレスのブロック
表4.58:Config Vendor Model Subscription Listメッセージパラメータ

Statusフィールドは、サブスクリプションリストの最後の操作のステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するベンダーモデルIDです。

Addressフィールドは、要素のサブスクリプションリストからすべてのアドレスを識別します。ラベルUUIDを使用する場合、ステータスメッセージは、セクション3.4.2.3で定義されている仮想アドレスの値を提供するものとします。空のサブスクリプションリストは、長さがゼロのアドレスフィールドになります。

4.3.2.31 Config NetKey Add

Config NetKey Addは、ノード上のNetKeyリスト(セクション4.2.4を参照)にNetKeyを追加するために使用される確認済みメッセージです。追加されたNetKeyは、ノードが受信したメッセージを認証および復号化し、送信したメッセージを認証および暗号化するためにノードによって使用されます。

Config NetKey Addメッセージへの応答は、Config NetKey Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
NetKey16NetKey
表4.59:Config NetKey Addメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別します。NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

NetKeyフィールドには、NetKeyが含まれている必要があります。

4.3.2.32 Config NetKey Update

Config NetKey Updateは、ノード上のNetKeyを更新するために使用される確認済みメッセージです。Config NetKey Updateは、キーの更新手順で定義されているように、ノードが受信したメッセージを認証および復号化し、送信するメッセージを認証および暗号化するためにノードによって使用されます(セクション3.10.4を参照)。

Config NetKey Updateメッセージへの応答は、Config NetKey Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
NetKey16NetKey
表4.60:Config NetKey Updateメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

NetKeyフィールドには、NetKeyが含まれている必要があります。

4.3.2.33 Config NetKey Delete

Config NetKey Deleteは、ノードからNetKeyリストのNetKeyを削除するために使用される確認済みメッセージです。

Config NetKey Deleteメッセージへの応答は、Config NetKey Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
表4.61:Config NetKey Deleteメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.34 Config NetKey Status

Config NetKey Statusは、NetKeyリストの操作のステータスを報告するために使用される未確認のメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
表4.62:Config NetKey Statusメッセージパラメータ

Statusフィールドは、NetKeyリストの最後の操作のステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。 受信した要求が冗長である場合(同一の既存のキーの追加、同一の更新されたキーの更新、または存在しないキーの削除)、ステータスコードは成功であり、それ以上のアクションは実行されません。

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.35 Config NetKey Get

Config NetKey Getは、ノードに認識されているすべてのNetKeyを報告するために使用される確認済みメッセージです。

Config NetKey Getメッセージへの応答は、Config NetKey Listメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.36 Config NetKey List

Config NetKey Listは、ノードに認識されているすべてのNetKeyを報告する未確認のメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndexes可変長ノードに認識されている
NetKeyインデックスのリスト
表4.63:Config NetKey Listメッセージパラメータ

NetKeyIndexesフィールドには、ノードが認識しているすべてのNetKeyインデックスが含まれている必要があります。NetKeyインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.37 Config AppKey Add

Config AppKey Addは、ノード上のAppKeyリストにAppKeyを追加し、NetKeyIndexで識別されるNetKeyにバインドするために使用される確認済みメッセージです。追加されたAppKeyは、指定されたNetKeyとのペアとしてのみノードで使用できます。 AppKeyは、受信したメッセージの認証と復号化、および送信したメッセージの認証と暗号化に使用されます。

Config AppKey Addメッセージへの応答は、Config AppKey Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndexAndAppKeyIndex3NetKeyのインデックスと
AppKeyのインデックス
AppKey16AppKey値
表4.64:Config AppKey Addメッセージパラメータ

NetKeyIndexAndAppKeyIndexフィールドには、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスとAppKeyのグローバルAppKeyインデックスを識別する2つのインデックスが含まれています。これらの2つのインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているように、最初のキーインデックスとしてNetKeyインデックスを使用し、2番目のキーインデックスとしてAppKeyインデックスを使用してエンコードする必要があります。

AppKeyフィールドには、AppKeyIndexで識別されるAppKey値が含まれている必要があります。

4.3.2.38 Config AppKey Update

Config AppKey Updateは、ノードのAppKeyリストのAppKey値を更新するために使用される確認済みメッセージです。更新されたAppKeyは、キーの更新手順で定義されているように、ノードが受信するメッセージを認証および復号化するため、および送信するメッセージを認証および暗号化するためにノードによって使用されます(セクション3.10.4を参照)。

Config AppKey Updateメッセージへの応答は、Config AppKey Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndexAndAppKeyIndex3NetKeyのインデックスと
AppKeyのインデックス
AppKey16新しいAppKey値
表4.65:Config AppKey Updateメッセージパラメータ

NetKeyIndexAndAppKeyIndexフィールドには、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスとAppKeyのグローバルAppKeyインデックスを識別する2つのインデックスが含まれています。これらの2つのインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているように、最初のキーインデックスとしてNetKeyインデックスを使用し、2番目のキーインデックスとしてAppKeyインデックスを使用してエンコードする必要があります。 AppKeyIndexはNetKeyIndexにバインドされます。

AppKeyフィールドには、AppKeyIndexで識別されるAppKeyの新しい値が含まれます。

4.3.2.39 Config AppKey Delete

Config AppKey Deleteは、ノードのAppKeyリストからAppKeyを削除するために使用される確認済みメッセージです。

Config AppKey Deleteメッセージへの応答は、Config AppKey Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndexAndAppKeyIndex3NetKeyのインデックスと
AppKeyのインデックス
表4.66:Config AppKey Deleteメッセージパラメータ

NetKeyIndexAndAppKeyIndexフィールドには、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスとAppKeyのグローバルAppKeyインデックスを識別する2つのインデックスが含まれています。これらの2つのインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているように、最初のキーインデックスとしてNetKeyインデックスを使用し、2番目のキーインデックスとしてAppKeyインデックスを使用してエンコードする必要があります。

4.3.2.40 Config AppKey Status

Config AppKey Statusは、NetKeyリスト上のNetKeyを識別するNetKeyインデックスと、AppKeyリスト上のAppKeyを識別するAppKeyインデックスに基づいて、要求メッセージのステータスを報告するために使用される未確認メッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
NetKeyIndexAndAppKeyIndex3NetKeyのインデックスと
AppKeyのインデックス
表4.67:Config AppKey Statusメッセージパラメータ

Statusフィールドは、AppKeyリストの最後の操作のステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。 受信した要求が冗長である場合(同一の既存のキーの追加、同一の更新されたキーの更新、または存在しないキーの削除)、ステータスコードは成功であり、それ以上のアクションは実行されません。

NetKeyIndexAndAppKeyIndexフィールドには、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスとAppKeyのグローバルAppKeyインデックスを識別する2つのインデックスが含まれています。これらの2つのインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているように、最初のキーインデックスとしてNetKeyインデックスを使用し、2番目のキーインデックスとしてAppKeyインデックスを使用してエンコードする必要があります。

4.3.2.41 Config AppKey Get

AppKey Getは、NetKeyにバインドされたすべてのAppKeyを報告するために使用される確認済みメッセージです。

Config AppKey Getメッセージへの応答は、Config AppKey Listメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyのインデックス
表4.68:Config AppKey Getメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.42 Config AppKey List

Config AppKey Listは、NetKeyにバインドされているすべてのAppKeyを報告する未確認のメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
NetKeyIndex2AppKeysがバインドされている
NetKeyのNetKeyインデックス
AppKeyIndexes可変長NetKeyIndexによって識別される
NetKeyにバインドされている
AppKeyインデックスのリスト
表4.69:Config AppKey Listメッセージパラメータ

Statusフィールドは、NetKeyのAppKeyでの最後の操作のステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

NetKeyIndexフィールドは、AppKeyがバインドされているNetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。 NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

AppKeyIndexesフィールドには、NetKeyにバインドされているすべてのAppKeyインデックスが含まれている必要があります。 AppKeyインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.43 Config Node Identity Get

Config Node Identity Getは、サブネットの現在のノードID状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.12を参照)。

Config Node Identity Getメッセージへの応答は、Config Node Identity Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyのインデックス
表4.70:Config Node Identity Getメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.44 Config Node Identity Set

Config Node Identity Setは、サブネットの現在のノードID状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.12を参照)。

Config Node Identity Setメッセージへの応答は、Config Node Identity Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyのインデックス
Identity1新しいノードIDの状態
表4.71:Config Node Identity Setメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、ノードID状態のNetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

Identityフィールドは、NetKeyの新しいノードID状態を提供します(セクション4.2.12を参照)。

4.3.2.45 Config Node Identity Status

Config Node Identity Statusは、サブネットの現在のノードID状態を報告するために使用される未確認メッセージです(セクション4.2.12を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
NetKeyIndex2NetKeyのインデックス
Identity1新しいノードIDの状態
表4.72:Config Node Identity Statusメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、要求メッセージのステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

NetKeyIndexフィールドは、ノードID状態のNetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別するインデックスです。 NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

Identityフィールドは、サブネットの現在のノードID状態を提供します(セクション4.2.12を参照)。

4.3.2.46 Config Model App Bind

Config Model App Bindは、AppKeyをモデルにバインドするために使用される確認済みメッセージです。

Config Model App Bindメッセージへの応答は、Config Model App Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
AppKeyIndex2AppKeyのインデックス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.73:Config Model App Bindメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

AppKeyIndexフィールドは、AppKeyのグローバルAppKeyインデックスを識別するインデックスです。AppKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDのいずれかです。

4.3.2.47 Config Model App Unbind

Config Model App Unbindは、AppKeyとモデル間のバインディングを削除するために使用される確認済みメッセージです。

Config Model App Unbindメッセージへの応答は、Config Model App Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
AppKeyIndex2AppKeyのインデックス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.74:Config Model App UnBindメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

AppKeyIndexフィールドは、AppKeyのグローバルAppKeyインデックスを識別するインデックスです。AppKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDです。

4.3.2.48 Config Model App Status

Config Model App Statusは、要素アドレス、AppKeyリスト上のAppKeyを識別するAppKeyIndex、およびModelIdentifierに基づいて、要求メッセージのステータスを報告するために使用される未確認メッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
ElementAddress2要素のアドレス
AppKeyIndex2AppKeyのインデックス
ModelIdentifier2 or 4SIGモデルIDまたはベンダーモデルID
表4.75:Config Model App Statusメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、要求メッセージのステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。 受信した要求が冗長である場合(既存のバインディングのバインド要求、または存在しないバインディングのバインド解除)、ステータスコードは成功であり、それ以上のアクションは実行されません。

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

AppKeyIndexフィールドは、AppKeyのグローバルAppKeyインデックスを識別するインデックスです。AppKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDまたはベンダーモデルIDです。

4.3.2.49 Config SIG Model App Get

Config SIG Model App Getは、SIGモデルにバインドされたすべてのAppKeyのレポートを要求するために使用される確認済みメッセージです。

Config SIG Model App Getメッセージへの応答は、Config SIG Model App Listメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2SIGモデルID
表4.76:Config SIG Model App Getメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するSIGモデルIDです。

4.3.2.50 Config SIG Model App List

Config SIG Model App Listは、SIGModelにバインドされているすべてのAppKeyを報告するために使用される未確認のメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier2SIGモデルID
AppKeyIndexes可変長モデルにバインドされた
すべてのAppKeyインデックス
表4.77:Config SIG Model App Listメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、要求メッセージのステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のSIGモデルを識別するSIGモデルIDです。

AppKeyIndexesフィールドには、モデルのインスタンスにバインドされているすべてのAppKeyインデックスが含まれている必要があります。 AppKeyインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.51 Config Vendor Model App Get

Config Vendor Model App Getは、モデルにバインドされているすべてのAppKeyのレポートを要求するために使用される確認済みメッセージです。このメッセージはベンダーモデル専用です。

Config Vendor Model App Getメッセージへの応答は、Config Vendor Model App Listメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier4ベンダーモデルID
表4.78:Config Vendor Model App Getメッセージパラメータ

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するベンダーモデルIDです。

4.3.2.52 Config Vendor Model App List

Config Vendor Model App Listは、モデルにバインドされているすべてのAppKeyのインデックスを報告するために使用される未確認のメッセージです。 このメッセージはベンダーモデル専用です。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
ElementAddress2要素のアドレス
ModelIdentifier4ベンダーモデルID
AppKeyIndexes可変長モデルにバインドされた
すべてのAppKeyのインデックス
表4.79:Config Vendor Model App Listメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、要求メッセージのステータスコードを識別します。ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

ElementAddressフィールドは要素のユニキャストアドレスであり、他のすべてのアドレスタイプは禁止されています。

ModelIdentifierフィールドは、要素内のモデルを識別するベンダーモデルIDです。

AppKeyIndexesフィールドには、モデルのインスタンスにバインドされているすべてのAppKeyのインデックスが含まれている必要があります。 AppKeyインデックスは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.53 Config Node Reset

Config Node Resetは、ノード(プロビジョナー以外)をリセットしてネットワークから削除するために使用される確認済みメッセージです。

Config Node Resetメッセージへの応答は、Config Node Reset Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.54 Config Node Reset Status

Config Node Reset Statusは、要素がConfig Node Resetメッセージを受信したことを確認するために使用される未確認メッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.55 Config Friend Get

Config Friend Getは、ノードの現在のFriend状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.13を参照)。
Config Friend Getメッセージへの応答は、Config Friend Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.2.56 Config Friend Set

Config Friend Setは、ノードのFriend状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.13を参照)。
Config Friend Setメッセージへの応答は、Config Friend Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Friend1新しいフレンドの状態
表4.80:Config Friend Setメッセージパラメータ

Friendフィールドは、ノードの新しいフレンド状態を提供します(セクション4.2.13を参照)。

4.3.2.57 Config Friend Status

Config Friend Statusは、ノードの現在のFriend状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.13を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Friend1フレンドの状態
表4.81:Config Friend Statusメッセージパラメータ

Friendフィールドは、ノードの現在のフレンド状態を提供します(セクション4.2.13を参照)。

4.3.2.58 Config Key Refresh Phase Get

Config Key Refresh Phase Getは、識別されたネットワークキーの現在のKey Refresh Phase状態を取得するために使用される確認済みメッセージです。

Config Key Refresh Phase Getメッセージへの応答は、Config Key Refresh Phase Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
表4.82:Config Key Refresh Phase Getメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別します。 NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.59 Config Key Refresh Phase Set

Config Key Refresh Phase Setは、識別されたネットワークキーのキー更新フェーズ状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.14を参照)。
Config Key Refresh Phase Setメッセージへの応答は、Config Key Refresh Phase Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
Transition1新しいキー更新フェーズの遷移
表4.83:Config Key Refresh Phase Setメッセージパラメータ

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別します。 NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

Transitionフィールドは、指定された各開始状態で許可されるキーリフレッシュフェーズ遷移(セクション4.2.14、表4.18を参照)を識別します。 他のすべての遷移値は禁止されています。

4.3.2.60 Config Key Refresh Phase Status

Config Key Refresh Phase Statusは、識別されたネットワークキーの現在のキー更新フェーズ状態を報告するために使用される未確認メッセージです(セクション4.2.14を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
Transition1キー更新フェーズの状態
表4.84:Config Key Refresh Phase Statusメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、要求メッセージのステータスコードを識別します。 ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。 受信した要求が冗長である場合(要求された相転移がすでに発生している場合)、ステータスコードは成功であり、それ以上のアクションは実行されません。

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別します。 NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

Phaseフィールドは、キーリフレッシュフェーズで定義されているように、ノードのキーリフレッシュフェーズ状態を識別します(セクション4.2.14を参照)。

4.3.2.61 Config Heartbeat Publication Get

Config Heartbeat Publication Getは、要素の現在のHeartbeat Publication状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.17を参照)。

Config Heartbeat Publication Getメッセージへの応答は、Config Heartbeat Publication Statusメッセージです。

メッセージにはパラメータがありません。

4.3.2.62 Config Heartbeat Publication Set

Config Heartbeat Publication Setは、要素の現在のHeartbeat Publication状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.17を参照)。
Config Heartbeat Publication Setメッセージへの応答は、Config Heartbeat Publication Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Destination2ハートビートメッセージの
宛先アドレス
CountLog1送信するハートビートメッセージの数
PeriodLog1ハートビートメッセージを送信する期間
TTL1ハートビートメッセージを
送信するときに使用されるTTL
Features2変更時にハートビートメッセージを
トリガーする機能を示すビットフィールド
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
表4.85:Config Heartbeat Publication Setメッセージパラメータ

Destinationフィールドは、Heartbeat Publication Destinationの状態を識別します(セクション4.2.17.1を参照)。

CountLogフィールドは、Heartbeat Publication Count Logの状態のHeartbeat Publication Count Logの表現を識別します(セクション4.2.17.2を参照)。

PeriodLogフィールドは、Heartbeat Publication Period Logの状態を識別します(セクション4.2.17.3を参照)。

TTLフィールドは、Heartbeat PublicationのTTL状態を識別します(セクション4.2.17.4を参照)。

Featuresフィールドは、Heartbeat Publication Featuresの状態を識別します(セクション4.2.17.5を参照)。

NetKeyIndexフィールドは、NetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別します。 NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.63 Config Heartbeat Publication Status

Config Heartbeat Publication Statusは、ノードのHeartbeat Publicationの状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.17を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
Destination2ハートビートメッセージの
宛先アドレス
CountLog1送信される残りの
ハートビートメッセージの数
PeriodLog1ハートビートメッセージを送信する期間
TTL1ハートビートメッセージを
送信するときに使用されるTTL
Features2変更時にハートビートメッセージを
トリガーする機能を示すビットフィールド
NetKeyIndex2NetKeyインデックス
表4.86:Config Heartbeat Publication Statusメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、要求メッセージのステータスコードを識別します。 ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

Destinationフィールドは、Heartbeat Publication Destinationの状態を識別します(セクション4.2.17.1を参照)。

CountLogフィールドは、Heartbeat Publication Countの状態のHeartbeat Publication Count Logの表現を識別します(セクション4.2.17.2を参照)。

PeriodLogフィールドは、Heartbeat Publication Period Logの状態を識別します(セクション4.2.17.3を参照)。
TTLフィールドは、Heartbeat Publication TTLの状態を識別します(セクション4.2.17.4を参照)。

Featureフィールドは、Heartbeat Publication Featuresの状態を識別します(セクション4.2.17.5を参照)。

NetKeyIndexフィールドは、ハートビートの公開に使用されるNetKeyのグローバルNetKeyインデックスを識別します。 NetKeyIndexフィールドは、セクション4.3.1.1で定義されているようにエンコードする必要があります。

4.3.2.64 Config Heartbeat Subscription Get

Config Heartbeat Subscription Getは、要素の現在のHeartbeat Subscriptionの状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.18を参照)。

Config Heartbeat Subscription Getメッセージへの応答は、Config Heartbeat Subscription Statusメッセージです。

メッセージにはパラメータがありません。

4.3.2.65 Config Heartbeat Subscription Set

Config Heartbeat Subscription Setは、要素の現在のHeartbeat Subscriptionの状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.18を参照)。

Config Heartbeat Subscription Setメッセージへの応答は、Config Heartbeat Subscription Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Source2ハートビートメッセージの
送信元アドレス
Destination2ハートビートメッセージの
宛先アドレス
PeriodLog1ハートビートメッセージを送信する期間
表4.87:Config Heartbeat Subscription Setメッセージパラメータ

Sourceフィールドは、ハートビートサブスクリプションソースの状態を識別します(セクション4.2.18.1を参照)。

Destinationフィールドは、ハートビートサブスクリプションの宛先状態を識別します(セクション4.2.18.2を参照)。

PeriodLogフィールドは、ハートビートサブスクリプション期間の状態を識別します(セクション4.2.18.4を参照)。

4.3.2.66 Config Heartbeat Subscription Status

Config Heartbeat Subscription Statusは、ノードのHeartbeat Subscriptionの状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.18を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Status1要求メッセージのステータスコード
Source2ハートビートメッセージの
送信元アドレス
Destination2ハートビートメッセージの
宛先アドレス
PeriodLog1ハートビートメッセージを処理するための残りの期間
CountLog1受信したハートビートメッセージの数
MinHops1ハートビートメッセージを受信するときの最小ホップ
MaxHops1ハートビートメッセージを受信するときの最大ホップ
表4.88:Config Heartbeat Subscription Statusメッセージパラメータ

Statusスフィールドは、要求メッセージのステータスコードを識別します。 ステータスコードの許容値とその意味は、セクション4.3.5に記載されています。

Sourceフィールドは、Heartbeat Subscription Sourceの状態を識別します(セクション4.2.18.1を参照)。

Destinationフィールドは、Heartbeat Subscription Destinationの状態を識別します(セクション4.2.18.2を参照)。

PeriodLogフィールドは、Heartbeat Subscription Period Logの状態を識別します(セクション4.2.18.4を参照)。

CountLogフィールドは、Heartbeat Publication Countの状態のHeartbeat Subscription Count Logの表現を識別します(セクション4.2.18.3を参照)。

MinHopsフィールドは、Heartbeat Subscriptionの最小ホップ状態を識別します(セクション4.2.18.5を参照)。

MaxHopsフィールドは、Heartbeat Subscriptionの最大ホップ数の状態を識別します(セクション4.2.18.6を参照)。

4.3.2.67 Config Low Power Node PollTimeout Get

Config Low Power Node PollTimeout Getは、フレンドノード内の低電力ノードのPollTimeoutタイマーの現在の値を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション3.6.6.1を参照)。 メッセージは、示された低電力ノードに代わってACK(OBO)を送信することにより、メッセージを処理していると主張しているフレンドノードに送信されます。 このメッセージは、フレンド機能がサポートされ、有効になっているノードにのみ送信する必要があります。

Config Low Power Node PollTimeout Getメッセージへの応答は、Config Low Power Node PollTimeout Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
LPNAddress2低電力ノードのユニキャストアドレス
表4.89:Config Low Power Node PollTimeout Getメッセージパラメータ

LPNAddressフィールドには、フレンドノード内の低電力ノードのプライマリユニキャストアドレスが含まれます。

4.3.2.68 Config Low Power Node PollTimeout Status

Config Low Power Node PollTimeout Statusは、フレンドノード内の低電力ノードのPollTimeoutタイマーの現在の値を報告するために使用される未確認のメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
LPNAddress2低電力ノードのユニキャストアドレス
PollTimeout3低電力ノードのPollTimeoutタイマーの
現在の値
表4.90:Config Low Power Node PollTimeout Statusメッセージパラメータ

LPNAddressフィールドには、低電力ノードのプライマリユニキャストアドレスが含まれます。

PollTimeoutフィールドには、フレンドノード内の低電力ノードのPollTimeoutタイマーの現在の値が含まれるか、ノードがLPNAddressで識別される低電力ノードのフレンドノードでない場合は0x000000が含まれます。

4.3.2.69 Config Network Transmit Get

Config Network Transmit Getは、ノードの現在のネットワーク送信状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.19を参照)。Config Network Transmit Getメッセージへの応答は、Config Network Transmit Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetworkTransmitCount3ノードから発信された
各ネットワークPDUの送信数
NetworkTransmitIntervalSteps5送信間の10ミリ秒のステップ数
表4.91:Config Network Transmit Setメッセージパラメータ

NetworkTransmitCountフィールドには、ノードのネットワーク送信カウント状態の新しい値が含まれます(セクション4.2.19.1を参照)。

NetworkTransmitIntervalStepsフィールドには、ノードのネットワーク送信間隔ステップ状態の新しい値が含まれます(セクション4.2.19.2を参照)。

4.3.2.71 Config Network Transmit Status

Config Network Transmit Statusは、ノードの現在のネットワーク送信状態を報告するために使用される未確認メッセージです(セクション4.2.19を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
NetworkTransmitCount3ノードから発信された
各ネットワークPDUの送信数
NetworkTransmitIntervalSteps5送信間の10ミリ秒のステップ数
表4.92:Config Network Transmit Statusメッセージパラメータ

NetworkTransmitCountフィールドには、ノードのネットワーク送信カウント状態の新しい値が含まれます(セクション4.2.19.1を参照)。

NetworkTransmitIntervalStepsフィールドには、ノードのネットワーク送信間隔ステップ状態の新しい値が含まれます(セクション4.2.19.2を参照)。

4.3.3 Health messages

ヘルスメッセージは、ノードの物理的状態を決定する状態を監視するために使用されます。

ヘルスメッセージは、AppKeyを使用して暗号化および認証される必要があります。

4.3.3.1 Health Current Status

Health Current Statusは、要素のCurrent Health状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.15.1を参照)。 同時に存在する障害状態の数に応じて、メッセージには複数の障害フィールドが含まれる場合があります。 障害フィールドが存在しない場合は、要素に障害状態が存在しないことを意味します。

メッセージは、単一オクテットのオペコードを使用して、FaultArrayのサイズを最大化します。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Test ID1最近実行されたテストの識別子
Company ID216ビットBluetooth割り当ての
会社識別子
FaultArrayNFaultArrayフィールドには、1オクテットの障害値の
シーケンスが含まれています
表4.93:Health Current Statusメッセージパラメータ

Test IDフィールドは、要素によって最後に実行されたテストを識別します。

Company IDフィールドは、Bluetoothで割り当てられた会社IDです[6]。 これは、表4.21に指定されているベンダー固有の障害コードを解決するために使用されます。

FaultArrayフィールドには、表4.21で指定されているように、一連の障害値が含まれています。

4.3.3.2 Health Fault Get

Health Fault Getは、要素のCompany IDによって識別される現在のRegistered Fault状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.15.2を参照)。

Health Fault Getメッセージへの応答は、Health Fault Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Company ID216ビットBluetooth割り当ての
会社識別子
表4.94:Health Fault Getメッセージパラメータ

Company IDフィールドは、Bluetoothで割り当てられた会社識別子です[6]。 表4.21に指定されている特定の障害コードを解決するために使用されます。

4.3.3.3 Health Fault Clear Unacknowledged

Health Fault Clear Unacknowledgedは、要素のCompany IDによって識別される現在のRegistered Fault状態をクリアするために使用される未確認メッセージです(セクション4.2.15.2を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Company ID216ビットBluetooth割り当ての
会社識別子
表4.95:Health Fault Clear Unacknowledgedメッセージパラメータ

Company IDフィールドは、Bluetoothで割り当てられた会社識別子です[6]。 表4.21に指定されている特定の障害コードを解決するために使用されます。

4.3.3.4 Health Fault Clear

Health Fault Clearは、要素のCompany IDによって識別される現在のRegistered Fault状態をクリアするために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.15.2を参照)。
Health Fault Clearメッセージへの応答は、Health Fault Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Company ID216ビットBluetooth割り当ての
会社識別子
表4.96:Health Fault Clearメッセージパラメータ

Company IDフィールドは、Bluetoothで割り当てられた会社識別子です[6]。 表4.21に指定されている特定の障害コードを解決するために使用されます。

4.3.3.5 Health Fault Test

Health Fault Testは、要素のセルフテスト手順を呼び出すために使用される確認済みメッセージです。 この手順は実装固有であり、要素のヘルスフォールト状態が変更される可能性があります(セクション4.2.15を参照)。

Health Fault Testメッセージへの応答は、Health Fault Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Test ID1実行する特定のテストの識別子
Company ID216ビットBluetooth割り当ての
会社識別子
表4.97:Health Fault Testメッセージパラメータ

Test IDフィールドは、要素が実行する必要のあるテストを識別します。

Company IDフィールドは、Bluetoothで割り当てられた会社IDです[6]。 これは、表4.21に指定されているベンダー固有の障害コードを解決するために使用されます。

4.3.3.6 Health Fault Test Unacknowledged

Health Fault Test Unacknowledgedは、要素のセルフテスト手順を呼び出すために使用される未確認のメッセージです。この手順は実装固有であり、要素のヘルスフォールト状態が変更される可能性があります(セクション4.2.15を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Test ID1実行する特定のテストの識別子
Company ID216ビットBluetooth割り当ての
会社識別子
表4.98:Health Fault Test Unacknowledgedメッセージパラメータ

Test IDフィールドは、要素が実行する必要のあるテストを識別します。

Company IDフィールドは、Bluetoothで割り当てられたCompany IDです[6]。 これは、表4.21に指定されているベンダー固有の障害コードを解決するために使用されます。

4.3.3.7 Health Fault Status

Health Fault Statusは、要素の現在の登録済み障害状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.15.2を参照)。 同時に存在する障害状態の数に応じて、メッセージには複数の障害フィールドが含まれる場合があります。 障害フィールドが存在しない場合は、要素に登録された障害状態が存在しないことを意味します。

メッセージは、単一オクテットのオペコードを使用して、FaultArrayのサイズを最大化します。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Test ID1実行する特定のテストの識別子
Company ID216ビットBluetooth割り当ての
会社識別子
FaultArrayNFaultArrayフィールドには、1オクテットの障害値の
シーケンスが含まれています
表4.99:Health Fault Statusメッセージパラメータ

Test IDフィールドは、要素によって最後に実行されたテストを識別します。

Company IDフィールドは、Bluetoothで割り当てられたCompany ID(https://www.bluetooth.com/specifications/assigned-numbers/company-Identifiers)です。 これは、表4.22に指定されているベンダー固有の障害コードを解決するために使用されます。

FaultArrayフィールドには、表4.22で指定されているように、一連の障害値が含まれています。

4.3.3.8 Health Period Get

Health Period Getは、要素の現在のHealth Fast Period Divisor状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.16を参照)。

Health Period Getメッセージへの応答は、Health Period Statusメッセージです。

このメッセージのパラメーターはありません。

4.3.3.9 Health Period Set Unacknowledged

Health Period Set Unacknowledgedは、要素の現在のHealth Fast Period Divisor状態を設定するために使用される未確認メッセージです(セクション4.2.16を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
FastPeriodDivisor1公開期間の分周器。 変更された公開期間は、
通信するアクティブな障害がある場合に
現在のヘルスステータスメッセージを
送信するために使用されます
表4.100:Health Period Set Unacknowledgedメッセージパラメータ

FastPeriodDivisorフィールドは、要素のHealth Fast Period Divisor状態を識別します(セクション4.2.16を参照)。

4.3.3.10 Health Period Set

Health Period Setは、要素の現在のHealth Fast Period Divisor状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.16を参照)。
Health Period Setメッセージへの応答は、Health Period Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
FastPeriodDivisor1公開期間の分周器。 変更された公開期間は、
通信するアクティブな障害がある場合に
現在のヘルスステータスメッセージを
送信するために使用されます
表4.101:Health Period Setメッセージパラメータ

FastPeriodDivisorフィールドは、要素のHealth Fast Period Divisor状態を識別します(セクション4.2.16を参照)。

4.3.3.11 Health Period Status

Health Period Statusは、要素のHealth Fast Period Divisor状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.16を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
FastPeriodDivisor1公開期間の分周器。 変更された公開期間は、
通信するアクティブな障害がある場合に
現在のヘルスステータスメッセージを
送信するために使用されます
表4.102:Health Period Statusメッセージパラメータ

FastPeriodDivisorフィールドは、要素のHealth Fast Period Divisor状態を識別します(セクション4.2.16を参照)。

4.3.3.12 Health Attention Get

Health Attention Getは、要素の現在のAttention Timer状態を取得するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.9を参照)。

Health Attention Getメッセージへの応答は、Attention Statusメッセージです。

このメッセージのパラメータはありません。

4.3.3.13 Health Attention Set

Health Attention Setは、要素のAttention Timer状態を設定するために使用される確認済みメッセージです(セクション4.2.9を参照)。

Health Attention Setメッセージへの応答は、Health Attention Statusメッセージです。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Attention1アテンションタイマー状態の値
表4.103:Health Attention Setメッセージパラメータ

Attentionフィールドは、要素の新しいAttention Timer状態を識別します(セクション4.2.9を参照)。

4.3.3.14 Health Attention Set Unacknowledged

Health Attention Set Unacknowledgedは、要素のAttention Timer状態を設定するために使用される未確認メッセージです(セクション4.2.9を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Attention1アテンションタイマー状態の値
表4.104:Health Attention Set Unacknowledgedメッセージパラメータ

Attentionフィールドは、要素の新しいAttention Timer状態を識別します(セクション4.2.9を参照)。

4.3.3.15 Health Attention Status

Health Attention Statusは、要素の現在のAttention Timer状態を報告するために使用される未確認のメッセージです(セクション4.2.9を参照)。

フィールドサイズ
(オクテット)
説明
Attention1アテンションタイマー状態の値
表4.105:Attention Statusメッセージパラメータ

アテンションフィールドは、ノードの現在のアテンションタイマーの状態を識別します(セクション4.2.9を参照)。

4.3.4 Messages summary

4.3.4.1 Alphabetical summary of opcodes
メッセージ名オペコード
Config AppKey Add0x00
Config AppKey Delete0x80 0x00
Config AppKey Get0x80 0x01
Config AppKey List0x80 0x02
Config AppKey Status0x80 0x03
Config AppKey Update0x01
Config Beacon Get0x80 0x90
Config Beacon Set0x80 0x0A
Config Beacon Status0x80 0x0B
Config Composition Data Get0x80 0x08
Config Composition Data Status0x02
Config Config Model Publication Set0x03
Config Default TTL Get0x80 0x0C
Config Default TTL Set0x80 0x0D
Config Default TTL Status0x80 0x0E
Config Friend Get0x80 0x0F
Config Friend Set0x80 0x10
Config Friend Status0x80 0x11
Config GATT Proxy Get0x80 0x12
Config GATT Proxy Set0x80 0x13
Config GATT Proxy Status0x80 0x14
Config Heartbeat Publication Get0x80 0x38
Config Heartbeat Publication Set0x80 0x39
Config Heartbeat Publication Status0x06
Config Heartbeat Subscription Get0x80 0x3A
Config Heartbeat Subscription Set0x80 0x3B
Config Heartbeat Subscription Status0x80 0x3C
Config Key Refresh Phase Get0x80 0x15
Config Key Refresh Phase Set0x80 0x16
Config Key Refresh Phase Status0x80 0x17
Config Low Power Node PollTimeout Get0x80 0x2D
Config Low Power Node PollTimeout Status0x80 0x2E
Config Model App Bind0x80 0x3D
Config Model App Status0x80 0x3E
Config Model App UnBind0x80 0x3F
Config Model Publication Get0x80 0x18
Config Model Publication Status0x80 0x19
Config Model Publication Virtual Address Set0x80 0x1A
Config Model Subscription Add0x80 0x1B
Config Model Subscription Delete0x80 0x1C
Config Model Subscription Delete All0x80 0x1D
Config Model Subscription Overwrite0x80 0x1E
Config Model Subscription Status0x80 0x1F
Config Model Subscription Virtual Address Add0x80 0x20
Config Model Subscription Virtual Address Delete0x80 0x21
Config Model Subscription Virtual Address Overwrite0x80 0x22
Config NetKey Add0x80 0x40
Config NetKey Delete0x80 0x41
Config NetKey Get0x80 0x42
Config NetKey List0x80 0x43
Config NetKey Status0x80 0x44
Config NetKey Update0x80 0x45
Config Network Transmit Get0x80 0x23
Config Network Transmit Set0x80 0x24
Config Network Transmit Status0x80 0x25
Config Node Identity Get0x80 0x46
Config Node Identity Set0x80 0x47
Config Node Identity Status0x80 0x48
Config Node Reset0x80 0x49
Config Node Reset Status0x80 0x4A
Config Relay Get0x80 0x26
Config Relay Set0x80 0x27
Config Relay Status0x80 0x28
Config SIG Model App Get0x80 0x4B
Config SIG Model App List0x80 0x4C
Config SIG Model Subscription Get0x80 0x29
Config SIG Model Subscription List0x80 0x2A
Config Vendor Model App Get0x80 0x4D
Config Vendor Model App List0x80 0x4E
Config Vendor Model Subscription Get0x80 0x2B
Config Vendor Model Subscription List0x80 0x2C
Health Attention Get0x80 0x04
Health Attention Set0x80 0x05
Health Attention Set Unacknowledged0x80 0x06
Health Attention Status0x80 0x07
Health Current Status0x04
Health Fault Clear0x80 0x2F
Health Fault Clear Unacknowledged0x80 0x30
Health Fault Get0x80 0x31
Health Fault Status0x05
Health Fault Test0x80 0x32
Health Fault Test Unacknowledged0x80 0x33
Health Period Get0x80 0x34
Health Period Set0x80 0x35
Health Period Set Unacknowledged0x80 0x36
Health Period Status0x80 0x37
表4.106:Alphabetical summary of opcodes
4.3.4.2 Numerical summary of opcodes
メッセージ名オペコード
Config AppKey Add0x00
Config AppKey update0x01
Config Composition Data Status0x02
Config Config Model Publication Set0x03
Health Current Status0x04
Health Fault Status0x05
Config Heartbeat Publication Status0x06
Config AppKey Delete0x80 0x00
Config AppKey Get0x80 0x01
Config AppKey List0x80 0x02
Config AppKey Status0x80 0x03
Health Attention Get0x80 0x04
Health Attention Set0x80 0x05
Health Attention Set Unacknowledged0x80 0x06
Health Attention Status0x80 0x07
Config Composition Data Get0x80 0x08
Config Beacon Get0x80 0x09
Config Beacon Set0x80 0x0A
Config Beacon Status0x80 0x0B
Config Default TTL Get0x80 0x0C
Config Default TTL Set0x80 0x0D
Config Default TTL Status0x80 0x0E
Config Friend Get0x80 0x0F
Config Friend Set0x80 0x10
Config Friend Status0x80 0x11
Config GATT Proxy Get0x80 0x12
Config GATT Proxy Set0x80 0x13
Config GATT Proxy Status0x80 0x14
Config Key Refresh Phase Get0x80 0x15
Config Key Refresh Phase Set0x80 0x16
Config Key Refresh Phase Status0x80 0x17
Config Model Publication Get0x80 0x18
Config Model Publication Status0x80 0x19
Config Model Publication Virtual Address Set0x80 0x1A
Config Model Subscription Add0x80 0x1B
Config Model Subscription Delete0x80 0x1C
Config Model Subscription Delete All0x80 0x1D
Config Model Subscription Overwrite0x80 0x1E
Config Model Subscription Status0x80 0x1F
Config Model Subscription Virtual Address Add0x80 0x20
Config Model Subscription Virtual Address Delete0x80 0x21
Config Model Subscription Virtual Address Overwrite0x80 0x22
Config Network Transmit Get0x80 0x23
Config Network Transmit Set0x80 0x24
Config Network Transmit Status0x80 0x25
Config Relay Get0x80 0x26
Config Relay Set0x80 0x27
Config Relay Status0x80 0x28
Config SIG Model Subscription Get0x80 0x29
Config SIG Model Subscription List0x80 0x2A
Config Vendor Model Subscription Get0x80 0x2B
Config Vendor Model Subscription List0x80 0x2C
Config Low Power Node PollTimeout Get0x80 0x2D
Config Low Power Node PollTimeout Status0x80 0x2E
Health Fault Clear0x80 0x2F
Health Fault Clear Unacknowledged0x80 0x30
Health Fault Get0x80 0x31
Health Fault Test0x80 0x32
Health Fault Test Unacknowledged0x80 0x33
Health Period Get0x80 0x34
Health Period Set0x80 0x35
Health Period Set Unacknowledged0x80 0x36
Health Period Status0x80 0x37
Config Heartbeat Publication Get0x80 0x38
Config Heartbeat Publication Set0x80 0x39
Config Heartbeat Subscription Get0x80 0x3A
Config Heartbeat Subscription Set0x80 0x3B
Config Heartbeat Subscription Status0x80 0x3C
Config Model App Bind0x80 0x3D
Config Model App Status0x80 0x3E
Config Model App UnBind0x80 0x3F
Config NetKey Add0x80 0x40
Config NetKey Delete0x80 0x41
Config NetKey Get0x80 0x42
Config NetKey List0x80 0x43
Config NetKey Status0x80 0x44
Config NetKey Update0x80 0x45
Config Node Identity Get0x80 0x46
Config Node Identity Set0x80 0x47
Config Node Identity Status0x80 0x48
Config Node Reset0x80 0x49
Config Node Reset Status0x80 0x4A
Config SIG Model App Get0x80 0x4B
Config SIG Model App List0x80 0x4C
Config Vendor Model App Get0x80 0x4D
Config Vendor Model App List0x80 0x4E
表4.107:Numerical summary of opcodes

4.3.5 Summary of status codes

表4.108は、Statusパラメータを含むメッセージのステータスコードを定義しています。 ステータスメッセージは、適切にフォーマットされたメッセージへの応答としてのみ送信されます(セクション3.7.4.4を参照)。

ステータスコードステータスコード名
0x00Success
0x01Invalid Address
0x02Invalid Model
0x03Invalid AppKey Index
0x04Invalid NetKey Index
0x05Insufficient Resources
0x06Key Index Already Stored
0x07Invalid Publish Parameters
0x08Not a Subscribe Model
0x09Storage Failure
0x0AFeature Not Supported
0x0BCannot Update
0x0CCannot Remove
0x0DCannot Bind
0x0ETemporarily Unable to Change State
0x0FCannot Set
0x10Unspecified Error
0x11Invalid Binding
0x12 – 0xFFRFU
表4.108:ステータスコードの要約
タイトルとURLをコピーしました