admin

仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Proxy protocol

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、6章の「プロキシプロトコル」について記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Provisioning(その2)

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、5章の「プロビジョニング」の5.4 プロビジョニングプロトコルについて記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Provisioning(その1)

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、5章の「プロビジョニング」の5.1 エンディアン、5.2 プロビジョニングベアラレイヤー、5.3 汎用プロビジョニングレイヤーについて記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Foundation models(その5)

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、4章の「ファンデーションモデル」の4.4.3 ヘルスサーバモデル、4.4.4 ヘルスクライアントモデル、4.4.5 SIGモデルIDの要約について記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Introduction

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、1章の「はじめに」について記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Foundation models(その4)

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、4章の「ファンデーションモデル」の4.4.2 構成クライアントモデルについて記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Foundation models(その2)

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、4章の「ファンデーションモデル」の 4.3 メッセージの定義について記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Foundation models(その3)

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、4章の「ファンデーションモデル」の 4.4 モデル定義、4.4.1 構成サーバモデルについて記載します。
仕様

Bluetooth Mesh 仕様 – Foundation models(その1)

Bluetooth Meshの仕様について、本文章では、4章の「ファンデーションモデル」の 4.1 規約、4.2 状態の定義について記載します。
Raspberry Pi

Raspberry Pi 高精度RTC(RX8900)を使用した時刻保持

Raspberry Piをインターネットに接続されていない環境で使用する場合、NTPサーバと時刻同期ができず時刻がずれてしまいます。正確な時刻を保持するには、RTC(Real Time Clock)と呼ばれるモジュールが必要になります。本文章では、I2CバスインターフェイスのEPSONの高精度RTCモジュールRX8900SAを使用して時刻を保持する方法について記載します。
タイトルとURLをコピーしました