Bluetooth Mesh 仕様 – Foundation models(その4)

仕様

はじめに

Bluetooth Meshの仕様について、Bluetooth SIGで公開されている「Mesh Profile Specification 1.0.1」に基づき、学習を兼ねて記載して行こうと思っています。本文章では、4 章の「ファンデーションモデル」の次の節について記載いたします。

  • 4.4.2 構成クライアントモデル

記載内容に誤り等がありましたら、ご連絡いただければ幸いです。

4.4.2 構成クライアントモデル

4.4.2.1 説明

構成クライアントはルートモデルです(つまり、他のモデルを拡張しません)。

モデルは、ノードの構成を制御および監視できる要素を表すために使用されます。

モデルは、以下の表4.123にリストされている要素と手順を定義します。

要素SIG
モデルID
状態メッセージRxTx
Primary 0x0000 Secure Network Beacon Config Beacon Get   M
Config Beacon Set   M
Config Beacon Status M  
Composition Data Config Composition Data Get   M
Config Composition Data Status M  
Default TTL Config Default TTL Get   M
Config Default TTL Set   M
Config Default TTL Status M  
GATT Proxy Config GATT Proxy Get   M
Config GATT Proxy Set   M
Config GATT Proxy Status M  
Friend Config Friend Get   M
Config Friend Set   M
Config Friend Status M  
Relay Config Relay Get   M
Config Relay Set   M
Config Relay Status M  
Model Publication Config Model Publication Get   M
Config Model Publication Set   M
Config Model Publication Virtual Address Set   M
Config Model Publication Status M  
Subscription List Config Model Subscription Add   M
Config Model Subscription Virtual Address Add   M
Config Model Subscription Delete   M
Config Model Subscription Virtual Address Delete   M
Config Model Subscription Overwrite   M
Config Model Subscription Virtual Address Overwrite   M
Config Model Subscription Delete All   M
Config Model Subscription Status M  
Config SIG Model Subscription Get   M
Config SIG Model Subscription List M  
Config Vendor Model Subscription Get   M
Config Vendor Model Subscription List M  
NetKey List Config NetKey Add   M
Config NetKey Update   M
Config NetKey Delete   M
Config NetKey Status M  
Config NetKey Get   M
Config NetKey List M  
AppKey List Config AppKey Add   M
Config AppKey Update   M
Config AppKey Delete   M
Config AppKey Status M  
Config AppKey Get   M
Config AppKey List M  
Model to AppKey List Config Model App Bind   M
Config Model App Unbind   M
Config Model App Status M  
Config SIG Model App Get   M
Config SIG Model App List M  
Config Vendor Model App Get   M
Config Vendor Model App List M  
Node Identity Config Node Identity Get   M
Config Node Identity Set   M
Config Node Identity Status M  
Reset Config Node Reset   M
Config Node Reset Status M  
Key Refresh Phase Config Key Refresh Phase Get   M
Config Key Refresh Phase Set   M
Config Key Refresh Phase Status M  
Heartbeat Publication Config Heartbeat Publication Get   M
Config Heartbeat Publication Set   M
Config Heartbeat Publication Status M  
Heartbeat Subscription Config Heartbeat Subscription Get   M
Config Heartbeat Subscription Set   M
Config Heartbeat Subscription Status M  
    Network Transmit Config Network Transmit Get   M
Config Network Transmit Set   M
Config Network Transmit Status M  
表4.123:Configuration Client elements and procedures
4.4.2.2 Behavior

このセクションでは、このクライアントモデルのプロシージャとメッセージの動作について説明します。

エレメントは、ピアエレメントの構成状態を照会または変更するために、いつでも構成クライアントメッセージを送信できます。 構成クライアントメッセージは、DevKeyを使用して保護する必要があります。

4.4.2.2.1 Secure Network Beacon procedure

構成サーバのセキュアネットワークビーコンの状態を判別するために、構成クライアントはConfig Beacon Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、Secure Network Beaconの状態を含むConfig Beacon Statusメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバのセキュアネットワークビーコンの状態を設定するには、構成クライアントはConfig Beacon Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、Secure Network Beaconの状態を含むConfig Beacon Statusメッセージです。

Config Beacon Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは構成サーバのセキュアネットワークビーコンの状態を判別できます。

4.4.2.2.2 Composition Data procedure

サーバの組成データの状態は、組成されているか1つ以上のページです。 構成サーバの組成データの状態を判別するために、構成クライアントは、Pageフィールド値が0xFFに設定されたConfig Composition Data Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、構成データ状態の最後のページを含むConfig Composition Data Statusメッセージです。Config Composition Data StatusメッセージのPageフィールドにゼロ以外の値が含まれている場合、 構成クライアントは、Pageフィールド値がConfig Composition Data StatusメッセージのPageフィールド値より1小さい値に設定された別のComposition Data Getメッセージを送信する必要があります。

4.4.2.2.3 Default TTL procedure

構成サーバのDefault TTL状態を判別するために、構成クライアントはConfig Default TTL Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、Default TTL状態を含むConfig Default TTL Statusメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバのDefault TTL状態を設定するには、構成クライアントはConfig Default TTL Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、Default TTL状態を含むConfig Default TTL Statusメッセージです。

構成クライアントは、Config Default TTL Statusメッセージを受信すると、構成サーバの現在のDefault TTL状態を判別できます。

4.4.2.2.4 GATT Proxy procedure

構成サーバのGATTプロキシ状態を判別するために、構成クライアントはConfig GATT Proxy Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、GATTプロキシ状態を含むConfig GATT Proxy Statusメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバのGATTプロキシ状態を設定するには、構成クライアントはConfig GATT Proxy Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、GATTプロキシ状態を含むConfig GATT Proxy Statusメッセージです。

Config GATT Proxy Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは構成サーバの現在のGATTプロキシ状態を判別できます。

4.4.2.2.5 Friend procedure

構成サーバのフレンド状態を判別するために、構成クライアントはConfig Friend Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、フレンドの状態を含むConfig Friend Statusメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバのフレンド状態を設定するには、構成クライアントはConfig Friend Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、フレンドの状態を含むConfig Friend Statusメッセージです。

構成クライアントは、Config Friend Statusメッセージを受信すると、構成サーバのフレンド状態を判別できます。

4.4.2.2.6 Relay procedure

構成サーバのリレーおよびリレー再送信状態を判別するために、構成クライアントはConfig Relay Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、リレーおよびリレー再送信状態を含むConfig Relay Statusメッセージです。

確認応答を使用してリレーおよびリレー再送信状態を設定するには、構成クライアントはConfig Relay Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、リレーおよびリレー再送信状態を含むConfig Relay Statusメッセージです。

Config Relay Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、構成サーバの現在のリレーおよびリレー再送信状態を判別できます。

4.4.2.2.7 Model Publication procedure

エレメントの特定のモデルの公開アドレス、公開AppKeyインデックス、CredentialFlag、公開期間、公開再送信カウント、公開再送信間隔ステップ、および公開TTL状態を決定するために、構成クライアントはConfig Model Publication Getメッセージを送信する必要があります。応答は、ステータスを含むConfig Model Publication Statusメッセージであり、公開アドレス、公開AppKeyインデックス、CredentialFlag、公開期間、公開再送信カウント、公開再送信間隔ステップ、および公開TTL状態が含まれる場合があります。

公開アドレス、公開AppKeyインデックス、CredentialFlag、公開期間、公開再送信カウント、公開再送信間隔ステップ、および確認応答付きの要素内の特定モデルの公開TTL状態を設定するには、構成クライアントはConfig Model Publication Setメッセージを送信する必要があります。応答は、ステータスを含むConfig Model Publication Statusメッセージであり、公開アドレス、公開AppKeyインデックス、CredentialFlag、公開期間、公開再送信カウント、公開再送信間隔ステップ、および公開TTL状態が含まれる場合があります。

確認応答を使用してエレメントの特定のモデルの公開アドレスの状態の設定を解除するには、構成クライアントは、PublishAddressフィールドがUnassignedに設定され、AppKeyIndex、CredentialFlag、PublishTTL、PublishRetransmitCount、PublishRetransmitIntervalSteps、およびPublishPeriodフィールドが0に設定されたConfig Model Publication Setメッセージを送信する必要があります。

ラベルUUIDを、確認応答付きのエレメントの特定のモデルの公開アドレス、公開AppKeyインデックス、CredentialFlag、公開期間、および公開TTL状態として設定するには、Configuration ClientはConfig Model Publication Virtual Address Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含むConfig Model Publication Statusメッセージであり、公開アドレス、公開AppKeyインデックス、CredentialFlag、公開期間、公開再送信カウント、公開再送信間隔ステップ、および公開TTL状態が含まれる場合があります。

Config Model Publication Statusメッセージを受信すると、 構成クライアントは、SuccessまたはErrorのいずれかのステータスを判別できます(表4.111を参照)。成功した場合、構成クライアントは、エレメントの特定のモデルの現在の公開アドレス、公開AppKeyインデックス、CredentialFlag、公開期間、公開再送信カウント、公開再送信間隔ステップ、および公開TTL状態を判別することもできます。エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれます。 また、Publish Address、Publish AppKey Index、CredentialFlag、PublishPeriod、PublishRetransmitCount、PublishRetransmitIntervalSteps、およびPublishTTLフィールドの値は破棄されます。

4.4.2.2.8 Subscription List procedure

確認応答を使用してエレメントの特定のモデルのサブスクリプションリスト状態にアドレスを追加するには、構成クライアントはConfig Model Subscription Addメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、追加されたアドレス値を含む可能性のあるConfig Model Subscription Statusメッセージです。

確認応答を使用してエレメントの特定のモデルのサブスクリプションリスト状態にラベルUUIDを追加するには、構成クライアントはConfig Model Subscription Virtual Address Addメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、追加されたアドレス値を含む可能性のあるConfig Model Subscription Statusメッセージです。

確認応答を使用してエレメントの特定のモデルのサブスクリプションリスト状態からアドレスを削除するには、構成クライアントはConfig Model Subscription Deleteメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、削除されたアドレス値を含む可能性のあるConfig Model Subscription Statusメッセージです。

確認応答を使用してエレメントの特定のモデルのサブスクリプションリスト状態からラベルUUIDを削除するには、構成クライアントはConfig Model Subscription Virtual Address Deleteメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、削除されたアドレス値を含む可能性のあるConfig Model Subscription Statusメッセージです。

サブスクリプションリストをクリアし、確認応答を使用してエレメントの特定のモデルのサブスクリプションリスト状態にアドレスを追加するには、構成クライアントはConfig Model Subscription Overwriteメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、追加されたアドレス値を含む可能性のあるConfig Model Subscription Statusメッセージです。

サブスクリプションリストをクリアし、確認応答を使用してエレメントの特定のモデルのサブスクリプションリスト状態にラベルUUIDを追加するには、構成クライアントはConfig Model Subscription Virtual Address Overwriteメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、追加されたアドレス値を含む可能性のあるConfig Model Subscription Statusメッセージです。

確認応答を使用してエレメントの特定のモデルのサブスクリプションリスト状態のサブスクリプションリストをクリアするには、構成クライアントはConfig Model Subscription Delete Allメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含むConfig Model Subscription Statusメッセージです。

注:ノードのサブスクリプションリストの1つに、これまで不明だったグループアドレスを追加した後、ノードはその新しいグループアドレスへのメッセージを利用したリプレイ攻撃から保護されません。したがって、構成クライアントは、短期間、ノードでハートビートサブスクリプションプロシージャを実行し、新しいグループアドレスに公開するすべてのノードでハートビートパブリケーションプロシージャを実行して、影響を受けるすべてのパブリッシャーのシーケンス番号の現在の値でノードのリプレイ保護リストを初期化することを強くお勧めします。

Config Model Subscription Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.113を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、エレメントの特定のモデルのサブスクリプションリストの状態を変更するために使用されたアドレスを判別できます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれます。

エレメントの特定のSIGモデルのサブスクリプションリストの状態を判別するために、構成クライアントはConfig SIG Model Subscription Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、サブスクリプションリストの状態を含む可能性のあるConfig SIG Model Subscription Listメッセージです。

エレメントの特定のベンダーモデルのサブスクリプションリストの状態を判断するために、構成クライアントはConfig Vendor Model Subscription Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、サブスクリプションリストの状態を含む可能性のあるConfig Vendor Model Subscription Listメッセージです。

Config SIG Model Subscription ListメッセージまたはConfig Vendor Model Subscription Listメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.113を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、エレメントの特定のモデルの現在のサブスクリプションリストの状態を判別することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれ、Addressフィールドは長さがゼロ(空)のリストに設定されます。

4.4.2.2.9 NetKey List procedure

NetKeyIndexによって識別されたNetKeyを確認応答付きのNetKeyList状態に追加するには、構成クライアントはConfig NetKey Addメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスとNetKeyIndex値を含むConfig NetKey Statusメッセージです。

NetKeyIndexによって識別されたNetKeyを確認応答付きのNetKeyList状態に更新するには、構成クライアントはConfig NetKey Updateメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスとNetKeyIndex値を含むConfig NetKey Statusメッセージです。

NetKeyIndexによって識別されたNetKeyを確認応答付きのNetKeyList状態に削除するには、構成クライアントはConfig NetKey Deleteメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスとNetKeyIndex値を含むConfig NetKey Statusメッセージです。

Config NetKey Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかである可能性のあるステータス(表4.114を参照)およびNetKeyIndex値を判別できます。 成功の場合、Statusフィールドは成功に設定されます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれます。

構成サーバのNetKeyリストを決定するために、構成クライアントはConfig NetKey Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、NetKeyリストを含むConfig NetKey Listメッセージです。

Config NetKey Listメッセージを受信すると、構成クライアントは構成サーバの現在のネットキーリストを判別できます。

4.4.2.2.10 AppKey List procedure

AppKeyをAppKeyリストに追加し、確認応答を使用して構成サーバのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyにバインドするには、構成クライアントはConfig AppKey Addメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータス、追加されたAppKeyインデックス、およびNetKeyIndex値を含むConfig AppKey Statusメッセージです。

構成サーバのNetKeyIndexによって識別されたNetKeyのAppKeyリストからAppKeyの値を確認応答で更新するには、構成クライアントはConfig AppKey Updateメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータス、追加されたAppKeyインデックス、およびNetKeyIndex値を含むConfig AppKey Statusメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyのAppKeyリストからAppKeyを削除するには、構成クライアントはConfig AppKey Deleteメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータス、削除されたAppKeyインデックス、およびNetKeyIndex値を含むConfig AppKey Statusメッセージです。

Config AppKey Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.115を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、構成サーバのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyのAppKeyリストを変更するために使用されたAppKeyインデックスを判別できます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれます。

構成サーバのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyのAppKeyリストを判別するために、構成クライアントはConfig AppKey Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、AppKeyリストを含む場合があるConfig AppKey Listメッセージです。

Config AppKey Listメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.115を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、構成サーバのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyの現在のAppKeyリストを判別することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー条件が含まれ、AppKeyIndexesフィールドは長さがゼロ(空)のリストに設定されます。

4.4.2.2.11 Model to AppKey List procedure

AppKeyを構成サーバの特定のエレメントのモデルに確認応答でバインドするために、構成クライアントはConfig Model App Bindメッセージを送信する必要があります。 応答は、着信メッセージの対応するフィールド(つまり、同じ名前のフィールド)の値に設定されたステータスおよびその他のフィールドを含むConfig Model App Statusメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバの特定のエレメントのモデルからAppKeyをアンバインドするには、Configuration ClientはConfig Model App Unbindメッセージを送信する必要があります。 応答は、着信メッセージの対応するフィールドの値に設定されたステータスおよびその他のフィールドを含むConfig Model App Statusメッセージです。

Config Model App Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.116を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、モデルをAppKeyリスト状態に変更するために使用されたElementAddress、AppKeyIndex、およびModelIdentifierの値を判別することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれます。

エレメントの特定のSIGモデルのModelto AppKeyリストを決定するために、構成クライアントはConfig SIG Model App Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、Model to AppKeyListを含む場合があるConfig SIG Model App Listメッセージです。

Config SIG Model App Listメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.116を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、要素内の特定のSIGモデルの現在のModel to AppKeyリストを判別することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー条件が含まれ、AppKeyIndexesフィールドは長さがゼロ(空)のリストに設定されます。

エレメントの特定のベンダーモデルのModel to AppKeyリストを決定するために、構成クライアントはConfig Vendor Model App Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータスを含み、Model to AppKeyListを含む可能性のあるConfig Vendor Model App Listメッセージです。

Config Vendor Model App Listメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.116を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、エレメントの特定のベンダーモデルの現在のモデルからAppKeyリストを決定することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー条件が含まれ、AppKeyIndexesフィールドは長さがゼロ(空)のリストに設定されます。

4.4.2.2.12 Node Identity procedure

構成サーバのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyのノードID状態を判別するために、構成クライアントはConfig Node Identity Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータス、NetKeyIndex値、およびNetKeyのノードID状態を含むConfig Node Identity Statusメッセージです。

構成サーバのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyのノードID状態を確認応答とともに設定するには、構成クライアントはConfig Node Identity Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータス、NetKeyIndex値、およびノードID状態を含むConfig Node Identity Statusメッセージです。

Config Node Identity Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.117を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、構成サーバーのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyの現在のノードID状態を判別することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれ、IDフィールドはゼロに設定されます。

4.4.2.2.13 Reset procedure

確認応答を使用して構成サーバのノード削除手順を開始するには、構成クライアントはConfig Node Resetメッセージを送信する必要があります。 応答は、Config Node Reset Statusメッセージです。

Config Node Reset Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、ノードの削除手順が構成サーバーで開始されたことを確認できます。

4.4.2.2.14 Key Refresh Phase procedure

構成サーバのキー更新フェーズの状態を判別するために、構成クライアントはConfig Key Refresh Phase Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータス、NetKeyIndex値、およびキー更新フェーズの状態を含むConfig Key Refresh Phase Statusスメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバのキー更新フェーズの状態を設定するには、構成クライアントはConfig Key Refresh Phase Setメッセージを送信する必要があります。 応答は、ステータス、NetKeyIndex値、およびキー更新フェーズの状態を含むConfig Key Refresh Phase Statusメッセージです。

Config Key Refresh Phase Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.118を参照)。 成功した場合、構成クライアントは、構成サーバーのNetKeyIndexによって識別されるNetKeyの現在のキー更新フェーズの状態を判別することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれます。

4.4.2.2.15 Heartbeat Publication procedure

構成クライアントは、Heartbeat PublicationおよびHeartbeat Subscriptionプロシージャを使用して、サブネットのトポロジをマップできます。 ハートビート公開手順を使用すると、1つのノードが一連のハートビートメッセージを公開するように設定され(セクション3.6.5.10を参照)、ハートビートサブスクリプション手順を使用すると、受信したハートビートメッセージを処理して構成クライアントに報告するように別のノードが設定されます。

ハートビートパブリケーションの宛先、ハートビートパブリケーションカウント状態のハートビートパブリケーションカウントログ表現、ハートビートパブリケーション期間ログ、ハートビートパブリケーションTTL、ハートビートパブリケーション機能、およびノードのハートビートネットキーインデックス状態を決定するには、構成クライアントは、Config Heartbeat Publication Getメッセージを送信する必要があります。応答は、ハートビートパブリケーション宛先、ハートビートパブリケーションカウント状態のハートビートパブリケーションカウントログ表現、ハートビートパブリケーション期間ログ、ハートビートパブリケーションTTL、ハートビートパブリケーション機能、およびハートビートパブリケーションNetKeyインデックス状態を含むConfig Heartbeat Publication Statusメッセージです。

確認応答のあるノードのハートビートパブリケーション宛先、ハートビートパブリケーションカウント、ハートビートパブリケーション期間、ハートビートパブリケーションTTL、パブリケーション機能、およびパブリケーションNetKeyインデックスを設定するには、構成クライアントは、Config Heartbeat Publication Setメッセージを送信する必要があります。応答は、操作のステータスとハートビートパブリケーションの宛先、ハートビートパブリケーションカウント状態のハートビートパブリケーションカウントログ表現、ハートビートパブリケーション期間ログ、ハートビートパブリケーションTTL、ハートビートパブリケーション機能、およびハートビートパブリケーションNetKeyインデックスの状態が含まれるConfig Heartbeat Publication Statusメッセージです。

Config Heartbeat Publication Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、成功またはエラーのいずれかのステータスを判別できます(表4.119を参照)。成功した場合、構成クライアントは、ノードの現在のハートビートパブリケーション宛先、ハートビートパブリケーションカウント状態のハートビートパブリケーションカウントログ表現、ハートビートパブリケーション期間ログ、ハートビートパブリケーションTTL、ハートビートパブリケーション機能、およびハートビートパブリケーションNetKeyインデックス状態を判別することもできます。 エラーの場合、Statusフィールドにはエラー状態が含まれます。

4.4.2.2.16 Heartbeat Subscription procedure

ノードのハートビートサブスクリプションソース、ハートビートサブスクリプション宛先、ハートビートサブスクリプションカウント状態のハートビートサブスクリプションカウントログ表現、ハートビートサブスクリプション期間ログ、ハートビートサブスクリプション最小ホップ、およびハートビートサブスクリプション最大ホップ状態を決定するには、構成クライアントは、Config Heartbeat Subscription Getメッセージを送信する必要があります。応答は、ハートビートサブスクリプションソース、ハートビートサブスクリプション宛先、ハートビートサブスクリプションカウント状態のハートビートサブスクリプションカウントログ表現、ハートビートサブスクリプション期間ログ、ハートビートサブスクリプション最小ホップ、およびハートビートサブスクリプション最大ホップ状態を含む構Config Heartbeat Subscription Statusメッセージです。

確認応答のあるノードのハートビートサブスクリプションソース、ハートビートサブスクリプション宛先、ハートビートサブスクリプションカウント、およびハートビートサブスクリプション期間の状態を設定するには、構成クライアントは、Config Heartbeat Subscription Setメッセージを送信する必要があります。応答は、操作のステータス、ハートビートサブスクリプションソース、ハートビートサブスクリプションの宛先、ハートビートサブスクリプションカウント状態のハートビートサブスクリプションカウントログ表現、ハートビートサブスクリプション期間ログ、ハートビートサブスクリプションの最小ホップ数、およびハートビートサブスクリプションの最大ホップ数の状態が含まれるConfig Heartbeat Subscription Statusメッセージです。

Config Heartbeat Subscription Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは、ノードの現在のハートビートサブスクリプションソース、ハートビートサブスクリプション宛先、ハートビートサブスクリプションカウント状態のハートビートサブスクリプションカウントログ表現、ハートビートサブスクリプション期間ログ、ハートビートサブスクリプション最小ホップ、およびハートビートサブスクリプション最大ホップ状態を判別できます。

4.4.2.2.17 PollTimeout List procedure

構成サーバの現在のPollTimeoutリスト状態値を判別するために、構成クライアントは、LPNAddressフィールドが低電力ノードのプライマリユニキャストアドレスに設定されたConfig Low Power Node PollTimeout Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、そのLPNAddressのPollTimeoutリスト状態の現在の値を含むConfig Low Power Node PollTimeout Statusメッセージです。

4.4.2.2.18 Network Transmit procedure

構成サーバのネットワーク送信状態を判別するために、構成クライアントはConfig Network Transmit Getメッセージを送信する必要があります。 応答は、ネットワーク送信状態を含むConfig Network Transmit Statusメッセージです。

確認応答を使用して構成サーバのネットワーク送信状態を設定するには、構成クライアントはConfig Network Transmit Setメッセージを送信する必要があります。
応答は、ネットワーク送信状態を含むConfig Network Transmit Statusメッセージです。

Config Network Transmit Statusメッセージを受信すると、構成クライアントは構成サーバのネットワーク送信状態を判別できます。

タイトルとURLをコピーしました